エミリーとべスに・・・


パン教室が終わって、
今回の目的でもあるエミリーとベスちゃんが眠るところへ
行きました。


名前を言って、エミリーのお骨を出してもらいました。
エミリーはとても小さな壷に入っていました。
それを見た瞬間、本当にいなくなってしまったんだ・・・と
とても悲しくなって涙が止まらなくなりました。


お骨を出してもらい、線香をあげてお参りしました。
普通だとすぐ帰るのですが、なぜか帰る気がしなくて
ずっと霊座に飾ってある写真を見て回りました。
お骨もエミリーのような白い壷ではなく
壷を可愛い箱に入れてもらってお花や水も入れてあって
おもちゃやお菓子などを入れているところもありました。
みんなすごく可愛がられて育ったんだろうな~と思いました。



今、動物霊園では49日が過ぎると合同のお墓に入れられてしまいます。
わたしは壷ごとみんなと一緒のお墓に入ると思っていたのですが
骨だけ出してみんなと一緒に入るということを今日知りました。
とてもショックでした。

エミリーは来週の水曜日には合同のお墓に入れられる予定です。
わたしは何かエミリーが訴えているような気がしてならなくて
どうしても合同のお墓に入れたくないという思いが強く
霊座は年間の管理料がかかってしまうけれど
母に霊座に置いてもらいたいという話をしました。
エミリーという存在をまだきちんと残しておきたいと思ったのです。
そして、写真を飾ったりして他の人にも見てもらいたい・・・
そう思ったのです。
すると、母も同じ気持ちでいたんだそう・・・


考えて・・・・と思ったけれど時間がない。
結局、霊座に置いてもらうことにしました。
骨壷を有料だったけれど、ピンクの可愛い箱に入れてもらいました。
入れてもらった瞬間、母と「可愛い」と同時に発しました。
花を飾ってもらって水も置いてくれました。
やっぱりそうしてよかったと思いました。
いつでも会いに行けるし・・・
可愛かったエミリーが喜んでいるような気がしました。
次行く時は可愛い写真と好きだったビーズの指輪を持っていくね。
一番可愛くしてあげるからね。。。


心残りだったのは6年前に亡くなったベスちゃん。。。
わたしは壷に入って残っていると思っていたので
もうない。。。と言われかなりのショックを受けました・・・
エミリーと一緒に置いてあげたかったな・・・
写真は飾るつもりです。。。
いつも仲良しだった2人。
天国でも一緒に遊んでいたら嬉しいな・・・




帰りに、霊園の近くにあるエミリーを売ってもらった
ブリーダーの方を訪ねました。
8月にエミリーの血を引く子犬が4匹産まれたのです。
実は、チェリンに子供を産ませようとエミリーが亡くなる前に
話していたのです。
しかし、もう6歳のチェリンには子供を産むことは
難しいということで諦めました。
それで、エミリーの血を引く子犬を飼おうかということになっているのです。
しかし、産まれた4匹は全てオス。
うちはメスしか飼わないので今回は見送ることにしました。
でも、見せてもらいました。

f0176194_20254278.jpg












1ケ月の赤ちゃん。
すごく可愛かった♪

また他のマルチーズが10月に生むそうなので
また見に行きたいです。
メスが産まれることを願って・・・☆
[PR]

by yuunamama1126 | 2010-09-11 20:04 | Life